ニキビにも効くビタミンc誘導体

ニキビのある女性

ビタミンc誘導体は、ニキビケアにも効果的な成分だとして知られています。
ビタミンc誘導体をどのように使用すればニキビケアに有効なのでしょうか。
ここでは、ニキビで悩んでいる人におすすめの「ビタミンc誘導体」について見ていきたいと思います。

ビタミンc誘導体はニキビにどういいの?


ビタミンc誘導体は、できてしまったニキビにも、ニキビ跡にも効果が期待できます。

ビタミンc誘導体のニキビに対する効果は、以下になります。
・皮脂抑制による、ニキビの予防や改善
・抗炎症作用によってニキビを鎮静化
・メラニン色素の生成を抑制し、ニキビ跡の色素沈着の防止
・コラーゲンの生成促進による、ニキビ跡のクレーターの改善
・ターンオーバーを促進させ、色素沈着の改善

などと、ニキビで悩んでいる人にはいいこと尽くめの成分なのです♪

ビタミンc配合ならなんでもニキビ効くの?


ビタミンcの効果を最大限に発揮させるには、「浸透力」と「濃度」がポイントです!
まず始めに、ビタミンcはそのままの状態では肌の上で壊れてしまって浸透しません。
必ず「ビタミンc誘導体」と表記されているものを選んで下さい。

ビタミンc誘導体の選び方のポイント


①ビタミンc誘導体配合の化粧水、もしくは美容液タイプ
ビタミンc誘導体は、肌に浸透させることが重要ポイントなので、肌に浸透させやすい化粧水か美容液タイプがおすすめです。

②濃度は4%〜5%がおすすめ
あまり濃度が高すぎると肌に刺激を与えてしまうので、4〜5%ぐらいが高濃度で効果的です。

③浸透型ビタミンc誘導体「APPS(アプレシエ)」配合のもの
浸透型ビタミンc誘導体「APPS(アプレシエ)」は、とても高価な成分なのですが、通常のビタミンc誘導体のおよそ100倍もの浸透力があり、ニキビ跡には非常に効果的な成分です。

ニキビに効果的なビタミンc誘導体の使い方


おすすめのビタミンc誘導体の使い方として、ひとつご紹介します♪
ビタミンc誘導体配合の化粧水をコットンにたっぷり浸し、洗顔後のきれいな肌に貼り付けます。
そのまま2~3分放置します。目と口の周りは乾燥してしまうので避けましょう。
また長時間放置しておくと乾燥しやすい肌になってしまうので、短時間で効果はあります。
そのあとに、乳液などでしっかり保湿してあげるとうるおい美肌になりますよ♪j

また、大人ニキビの場合には乾燥が原因の可能性もあるので、ビタミンc誘導体の化粧水を使用する際は、保湿もしっかり行って下さいね。

ニキビ改善の効果も期待できるビタミンc誘導体。女性のあらゆるお肌の悩みを解決してくれるビタミンc誘導体は、スキンケアに取り入れるべき成分です。一度その効果を実感してみてください!