進化する高濃度ビタミンc誘導体

アイスキャンディー

ビタミンc誘導体は、1990年代の美白ブームを先導してきた優れた美白成分です。
そんなビタミンc誘導体には水溶性と油溶性のものがあり、その両方の性質を併せ持っているのが、進化型ビタミンc誘導体「APPS(アプレシエ)」なのです。

APPS(アプレシエ)は、リン酸型ビタミンc誘導体にパルミチン酸を加えたもので、従来のビタミンc誘導体よりも高い機能性があります。

一時期、家でできるエステとして美顔器を使ってビタミンc誘導体の浸透を高める美容法が人気でしたが、APPS(アプレシエ)は塗るだけでも高い浸透力があり、従来のビタミンc誘導体と比較するとなんと約100倍もの浸透力があると言われています。

APPS(アプレシエ)のメリットとデメリット


真皮には肌の弾力を支えるコラーゲンが存在していますが、歳を重ねるごとにこの生成能力は落ちてきます。コラーゲン生成は、ビタミンcが促進させるという性質があります。

APPS(アプレシエ)はこのコラーゲン生成に働きかけることで、シワやたるみの改善に効果をもたらします。また、従来のビタミンc誘導体と同じ様に、ニキビ跡、シミ、くすみなどにも高い効果が期待されます。

APPS(アプレシエ)は、水にも油にも馴染みが良いので、いろいろな化粧品に配合することができ、刺激性も比較的低いとされています。
しかし、APPS(アプレシエ)の弱点として安定性が若干低いとされています。

原材料は粉末状であり、直射日光、水、空気などによって劣化しやすいというデメリットがあり、冷蔵や日陰での保管が良いとされています。また、原料価格が高く、たっぷりと化粧品に配合することはコスト面でもまだ難しい状況です。

ビタミンc誘導体であるAPPS(アプレシエ)は、女性の様々なお肌の悩みに対応してくれる優れた成分です。そんなビタミンc誘導体であるAPPS(アプレシエ)を配合した化粧品も近頃は見かけるようになりました♪この効果は試してみる価値はあると思います。